補聴器の相場とオーダーメイド製品

良い点と悪い点、どちらも吟味して選択を

補聴器の相場とオーダーメード製品についてです。
相場は20万前後と思ったいただければ良いと思います。

 

ここ数年はオーダーメード製品も含め、こういった製品の相場も
下がってきたように思います。

 

その一方で高い物だと80万円の製品や、値段の安いものだと
2,3万円の製品もインターネット上にはあります。

 

購入方法と買う場所、又は店は下記の通り3種類ほどあります。

 

@インターネット通販1

初めて補聴器を買う方や、軽等度の難聴の方には安めの
2,3万円の製品でも使えます。

 

安い製品にはやはり理由がありますが、この手の商品はレンタルして
試聴することが出来ません。

 

合うかどうか分からない物は、買うべきでないと思います。

 

A無料レンタル可能なインターネット通販2

 

こちらは私の愛用している製品の、みみ太郎を例にあげます。

 

良い点

2,3万円の試聴が出来ない製品を購入予定の方には、
是非こちらを試して欲しいと思います。

 

良い点は値段が安いことと性能が良く、しかもインターネット販売には珍しく、
無料でレンタルして試聴も可能です。

 

>>高性能の集音器「みみ太郎」を無料でレンタルする>>>

 

悪い点

困ったときや分からないときは、電話とメールのみで、
訪問や直接あっての調整等はできません。

 

こちらでも合わないか、もしくはお気に召さない場合には、
下記に上げます専門の技術者に頼れる、認定補聴器専門店での
購入をオススメします。

 

B補聴器認定専門店

店舗や訪問販売の店が有りますが、認定技術者がいる、
きちんと認定されている専門のお店になります。

 

このお店のように20年の歴史と技術があるので、
店舗での購入の際はこういうお店・会社を選んでください。

 

良い点

このお店は訪問して販売をしてくれるので、私の祖父のように
外出が難しかったときには、とても助かりましたし、オススメです。

 

値段が少し高くなりますが、自宅への訪問だけでなく
合わないと感じた時に調整をしてくれて、色々と相談にも
乗ってもらえます
。ですので補聴器を安心して
利用できるという良い点があります。

 

購入前もそうですが、購入後も色々と不安や心配もありますので、
そういった点は通販ではかなわない点でもあります。

 

悪い点

値段が少し高くなります。
値段が高くなるのは、1人1人に合ったものを用意する必要があり、
調整等にもそういった料金が含まれているからです。

 

以上、両方を天秤に掛けて選んでくださいね。